トップページ 平均株価 上場投信 株価指数先物 オプション 長期実績 個別株


楽天トラベル

海外・国内旅行

ホテル・ 航空券

出張 ・チケット
シェーンブルン宮殿
平均株価研究会

’19年1月18日 日経平均 :下落基調  TDレシオ 86 (中立位置)


 What's New

掲載日時 ページ題名
'18/11/24   東証株価指数は陰転か
'18/ 5/13   個別株売建でETFをヘッジ
'18/ 5/10   相場高値圏でのヘッジ売り
'17/ 3/16   中期株価変動レシオ
'17/ 3/14   高値圏での利食い売り
最近3年間の売買結果

 本サイト掲載の投資方式に従って売買シミュレーションをした場合の投資方式別の平均年間利益率を下表に示します。売買シミュレーションの期間は2004年12月〜2007年12月までの3年間です。

投資の種別 年間利益率
 日経225ETF (上場投信) 19.7%
 225オプション ヘッジ付き売り 39.7%


相場は下値模索か 本研究会の趣旨

 このページの日経平均株価日足チャートに見られるように、日経平均株価は2018年3月に安値をつけた以降、5ヶ月以上にわたって保ちあっていましたが、2018年9月初旬に急騰をはじめ、10月初旬には1990年のバブル期後の最高値となる24500円を付けました。

ところが、日経平均株価が上記のように数十年ぶりの高値となった数日後に、それまで高値を更新してきたアメリカNY株式市場のダウ平均株価が800ドルあまりも急落しました。NY株式市場のダウ平均株価は、その翌日もさらに500ドル以上も急落しました。

NY市場ダウ平均株価の急落を受けて、日本株式市場の日経平均株価も下図チャート右端に見られるようにほんの数日前につけた歴史的高値から急落しました。その後も日経平均株価の下落は続いて一時は上記高値24500円から15パーセント近くも下落して21000円を割り込みました。

現時点では日経平均株価はその13週移動平均線、26週移動平均線を深く割り込み、また日経平均株価の25日移動平均線はそれら二者より低い位置にあります。さらに日経平均株価の11月9日引値はその25日移動平均線を割り込んでいます。

このように現在の株式市場は中期的には需給関係が悪化しつつある状況ですが、10月上旬からの日経平均株価の下落が急激だったので、その反動で日経平均株価が反発することも考えられます。

なお、本サイトのコンテンツを参考にして投資を行った結果については、本サイトでは責任を負いかねます。

日経平均株価日足チャート

 日経平均株価の日足チャートを、その分析チャートとともに掲載しています。チャートのデータは当日から7ヶ月強前までの期間をカバーします。株価チャートには、日経平均株価の13日移動平均線(緑色線)、25日移動平均線(灰色線)も示してあります。

日経平均株価日足

 上記チャートの下半分は、私どもが開発した株式指数 TDレシオ とその移動平均線の動向を示します。
チャートの背景色は TDレシオ などの指数と日経平均株価の動きとの関係で決められ、ピンクの部分は本研究で抽出された相場上昇部分を、空色の部分は本研究で抽出された相場下降部分を示します。

日経平均株価週足チャート

 日経平均株価を利用して株式投資を行うには、日経平均株価の中期的動向を把握した上で、日経平均株価の日足チャートで毎日の変化を観察する必要があります。
下に示す週足チャートは、その日経平均株価の中期的動向とやや長期的な株価位置をとらえるために開発したものです。チャートの上半分は、当週から3年強前までの各週の日経平均株価週間平均値を折れ線グラフで示し、それらの13週、26週移動平均線も描き加えてあります。

チャートのバックがピンクの部分は本研究で抽出された相場が上昇中と思われる領域を示します。一方チャートのバックが空色の部分は本研究で抽出された相場が下降中と思われる領域を示します。

日経平均株価週足

 上記チャートの下半分は、私どもが開発した株式指数 UCWレシオ、MCWレシオ平均値の動向を示します。
チャートの背景色はそれらの指数と日経平均株価の動きとの関係で決められ、ピンクの部分は本研究で抽出された相場上昇部分を、空色の部分は本研究で抽出された相場下降部分を示します。

ページトップに

リンク
メール


株・ランキング

ランキングサイト


堅実長期投資

ゆったり投資塾

文学・俳句・写真

野煙る

海外・国内旅行

旅景広々

俳句・写真・旅行

実りのときブログ

毎日の素人料理

実りの食

世田谷だより

世田谷ブログ

花景ギャラリー